法人象牙 極上ハード縦目芯持75ミリ×21ミリ丸

ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h
ji-sinmoti-7521h

法人象牙 極上ハード縦目芯持75ミリ×21ミリ丸

ji-sinmoti-7521h

  • お勧め
  • 在庫僅少

法人象牙 極上ハード縦目芯持75ミリ×21ミリ丸

作成する法人名
法人実印書体
イメージチェック
在庫状態 : 在庫僅少
¥920,300(税別)

( 税込¥1,012,330 )

数量

マスターピース

 

【こちらの商品は1本限定です】

法人印に最適な象牙(縦目芯持極上ハード)75×21㎜です

【商品の特徴】

ある意味幻とも言える、究極の印材です。
主な特徴は以下。

・印    材:極上ハード材
・    芯   :縦目
・サイズ :75×21㎜
・限    定:2本生産(内1本は既にソールドアウト)
・ケース:牙蓋付KFケース(このサイズでは最後の1点)

それぞれ単独でも価値の高い内容が、全て盛り込まれた最も究極の印材です。

 

極上象牙
そのためキメも非常に細やかで、綺麗に揃っているため、長く使うほどに綺麗に朱が上がっていき美しく育っていきます。
もちろん捺印の精度も極上。
長さも75㎜と、直径の21㎜に負けないサイズで、捺し心地も抜群に良いです。

縦目芯持
良い印章をご検討される方なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。
象牙の芯の部分を使用した印材のことです。
これまで鈴印のサイトでは、横目と呼ばれる横向きに材料を抽出した品はご紹介してきました。
対して今回は縦、いわゆる正統派です。

この希少性はもしかすると現存する印材の中でも最も高いかもしれません。
一般に流通する(と言っても数少ないですが)縦目の芯持ちの多くが柔らかいソフト材となります。
印材は印章として綺麗に捺印できるのが前提ですが、縦目芯持ちの1番の問題は芯になります。
芯=穴ですので、そこに穴が開いてしまいます。
その穴の大きさがソフト材は小さく、ハード材は非常に大きいのが特徴です。

今回の印はこれまでの概念を覆す、ハード材なのに芯が塞がっているという特に貴重な素材です。
もちろん今後新しく取り出せる可能性はほとんどありません。

75×21㎜
通常の象牙でも、このサイズになると一気に価格が跳ね上がります。
そこに縦目芯持という特殊性が加わることは、もうあり得ないでしょう。

印の素材の最高峰は今も変わらずに象牙であることは言うまでもありません。
捺印した際の印影は、鮮明かつきめ細やか。
時間の経過と共に美しさを増していく様は、象牙をおいて他には存在しません。
また天然材特有の品質は初代より「象牙の品質はお店の信用」の言い伝えを元に、全て店主の目利きを担保にし、国内最高峰の素材のみを厳選して安心を提供します。
いずれも他ではなかなか手に入らない至極の一品。
本物は歴史が証明しています。

納期は通常1週間程度、イメージチェックありで2週間程度頂いておりますが、お急ぎのお客様には十分対応できる体制をとっております。どうぞご遠慮なくご相談ください。

 

象牙材は現在輸入がストップしております。国内の在庫量の関係でサイズ・ランクにより多少の価格のバラツキがありますが、ご了承下さい。
種の保存法に基づき、特別国際種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)経済産業省 登録番号 T-3-09-10013として環境省及び経済産業省管轄のもと、ルールに基づいて象牙印鑑、材料の取り扱いを行っておりますので、安心してお求めください。

商品の詳細はこちらから>

 

限定1本

※個人実印にも対応しています。その場合は「作成する法人名」のところに、個人名をご入力ください

__________________________________________

 

カテゴリ                    マスターピース

用途                          法人印・個人実印

素材                          象牙(極上ハード)

印材の直径                 21㎜丸

印材の長さ                 75㎜丈

印材の形状                 寸胴

印材のオプション        縦目芯持

ケース/表側                KF製ワニ革・ニッケル燻加工金枠

ケース/内側          鶴亀×青フラッシュ

ケース/肉池                牙蓋

彫刻内容                    フルネーム・姓or名

 

__________________________________________

 

 

象牙印材の特徴

【象牙の魅力】

古来より印鑑として最高の素材は象牙と言われています。
その理由はアイボリー色の美しさや、所有欲を満たすだけでなく、他の素材では代替えできない特徴を備えるからです。
最大の魅力は、エイジング。
使うほどに写りが良くなり、印鑑としての性能が上がっていく点にあります。
象牙は象牙質と呼ばれる人間の歯と同じカルシウム成分のため、朱肉を付けるごとに朱の油を吸い上げていきます。
そのため使えば使うほど朱肉に馴染み、結果的に写りが良くなっていきます。

【象牙の硬さ】

天然素材の中では最も硬いのが象牙です。
硬いこと=丈夫であると言えます。

一方で「硬いと捺しにくい」と思われている方もいますが、印鑑は硬いほど捺しやすいのです。
例えばガラスの上で捺印した場合、綺麗に捺せるのは歪みの少ない硬いものであることは想像できるかと思います。
硬い平らな面と相性が良いのは硬い平らなもの、つまり丁寧に面を平らにした硬い象牙は、捺印に最も適しています。

【象牙のとり出し方法】

鈴印の象牙は全て職人が手でとり、職人が手で彫っています
象牙のとり出しに関して、現在は機械化が進んでいますが、鈴印で仕入れる象牙は全て職人の手作業によるものです。
手作業だからこそ分かる品質、手作業だからこそできる一切の無駄を出さない加工。
人の手は全てを理解し、最適解でとりだします。

象牙印材の製造工程>

 

 

彫刻方法

象牙材は全て手書きで文字デザインをし、手で彫ります。
細かく分けると8工程を経て、美しい文字、捺印しやすく、唯一無二を実現しています。

手彫り全工程>

 

 

書体の選び方

手彫りと最も相性が良い書体は、印相体や篆書体などの、曲線を多用する書体です。
また最近では文字デザインに職人の意匠や個性を反映しやすく、複雑で重みのある印相体が一番人気。
他にはお札にも捺してあり歴史を感じる篆書などもオススメです。
印材の特性上、上記2書体のみとさせていただきます。

印鑑の書体の選び方>

 

 

ケースの詳細

ケースはこちらも日本でただ1人の、手作りの職人が手がけたKFケース。
手でとり出した印材に合わせ、1つ1つ作り上げています。

職人さんのオールハンドメイド、K Fケースの魅力に迫る

 

 

象牙の取引について

国内での象牙製品の製造や売買は、ワシントン条約および日本の法律で正式に許可されているため、合法です。
しかしながら、全く自由に取引が許されているわけではありません。
絶滅のおそれのある野生動物の種の保存に関する法律によって、象牙製品等の製造・売買を行う事業者は登録が必要になります。
鈴印は種の保存法に基づき、特別国際種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)経済産業省 登録番号 第02931号として環境省及び経済産業省管轄のもと、ルールに基づいて象牙印鑑、材料の取り扱いを行っておりますので、安心してお求めください。

鈴印では象牙の真実をまとめた「象牙専門」サイトを運営しています。

象牙専門>